PEANUTS HOTEL | KOBE JAPAN / ピーナッツホテル | 神戸 2018.8.1.wed.
GRAND OPEN!

→ ピーナッツ ホテルのご予約はこちら
(3Fレストラン「PEANUTS DINER 神戸」は本サイト下部で受付中)

2019/3/31までのご予約受付中。
※キャンセルが出た場合は空室表示になりますので、
予約状況のご確認をお願いいたします。

次回2019年4月以降ののご予約受付日につきましては、
後日、本サイトにて公開いたします。

→ご予約に関する詳細はこちら

Scroll

ABOUT

" IT'S NICE TO HAVE A HOME
WHERE YOUR GUESTS FEEL COMFORTABLE "

お客さんが居ごこちよく思ってくれるうちを
もってるってのはすてきだな。
PEANUTS HOTEL コンセプトPEANUTS Comic Strip:c1961 Peanuts Worldwide LLC

コミックから、スヌーピーのドッグハウスで
寛いで寝てしまう小鳥たちをみて、
" IT'S NICE TO HAVE A HOME
WHERE YOUR GUESTS FEEL COMFORTABLE "
と感じるスヌーピーをホテルのコンセプトに
3フロアを「IMAGINE」、「HAPPY」、「LOVE」とそれぞれテーマを設定、
さらに全18室すべて 異なるコミックをコンセプトにした客室になっています。

原作者チャールズ M.シュルツの描く、
ユニークで深い「PEANUTS」のコミックには、
友情や、恋、人 生哲学など、
子供から大人まで、誰もが共感できる世界があります。

時代や世代を越えて、
ピーナッツのルーツを感じることができ、
さまざまなお客様との繋がりやコミュニティが生まれ、
「PEANUTS HOTEL」で過ごし
出会った人々の心があたたかくなる、
そんなカジュアルでフレンドリーな
デザインホテルです。

ご予約・ご宿泊について


→ ご予約・ご宿泊について詳細はこちら
→ ピーナッツホテルのご予約はこちら

room

PEANUTS HOTELのお部屋は、4階から6階まで、
それぞれ異なるコミックをコンセプトにしたお部屋を
お楽しみいただけます。
price(一室あたり料金) ¥30,000~(税別)
※3階PEANUTS DINERでの朝食付き

ROOM NAVIGATION
PEANUTS HOTEL コンセプト
PEANUTS HOTEL コンセプト
自在に変身できる自由なイマジネーションの世界観と、
人生で大事なことを教えてくれる、シュルツ氏の人生哲学が込められたストーリー。
The world view of freedom of freedom that can be freely transformed, A story filled with Mr. Schulz 's philosophy of life which tells important things in life.
PEANUTS HOTEL Room41 コンセプトアート
PEANUTS Comic Strip:c1965 Peanuts Worldwide LLC

41
" It was a dark and stormy night. "
暗い嵐の夜だった。

スヌーピーの書く小説の多くは、" It was a dark and stormy night. "(暗い嵐の夜だった。)で始まります。タイプライターをもってきて、お決まりの冒頭文をタイピングするスヌーピー。 これから物語が生み出される、そんなコミックがコンセプトのお部屋。

→ ROOM41のご予約
PEANUTS HOTEL Room42 コンセプトアート
PEANUTS Comic Strip:c1969 Peanuts Worldwide LLC

42
" I did it! I'm the first beagle on the moon ! "
月へ行く世界最初のビーグル犬!

1968年にNASAの公式マスコットになったスヌーピー。就任の翌年にはなんとアポロ10号の月面着陸船がスヌーピーと名付けられました。彼のいうとおり「月へ行く世界最初のビーグル犬」なのです。 月に着陸したスヌーピーは「ぼくはユーリイ・ガガーリンより先に着陸したぞ!隣にすむ宿敵の猫よりもすごいぞ!」と誇らしげ。そんな誇り高い月面着陸のシーンのコミックをコンセプトにしました。

→ ROOM42のご予約
PEANUTS HOTEL Room43 コンセプトアート
PEANUTS Comic Strip:c1971 Peanuts Worldwide LLC

43
" Here's JOE COOL impressing the chicks by crushing the empty can with one hand... "
ジョー・クールは空き缶を片手でつぶしてかわいこちゃんの気をひいてる...

砂浜でルートビアーを飲みながらガールハントをするジョー・クール。空き缶を片手でつぶして、かわいこちゃんの気を引こうとするけれど、つぶれない空き缶に「愚かな缶め」と缶を投げるクールな1コマ。 お部屋のイメージは、サーファーでありローラースケーターでもある、大学生ジョー・クールの隠れ家。

→ ROOM43のご予約
PEANUTS HOTEL Room44 コンセプトアート
PEANUTS Comic Strip:c1979 Peanuts Worldwide LLC

44
" Only the gravest of emergencies could force him to turn back from his mission "
もっとも重大な緊急事態以外に彼が使命を捨ててあともどりすることはありえない。

宿敵のレッドバロンと戦うべく、愛機「ソッピース・キャメル」を操縦する、パイロット役「フライング・エース」のスヌーピー。 緊急事態以外に彼が使命を捨ててあともどりすることはありえない、はずなのに食事に呼ばれて、するりと後戻りしてしまう、かわいいフライング・エースのコミックをコンセプトにしたお部屋。

→ ROOM44のご予約
PEANUTS HOTEL Room45 コンセプトアート
PEANUTS Comic Strip:c1960 Peanuts Worldwide LLC

45
" And They're right! "
ほんとにその通り!

犬は食べて寝て、楽な生活をしてると言われてるけど・・・ほんとうにその通り!と明るくハッピーダンスを踊るスヌーピー。 コミックをヒントに、スヌーピーの気楽さや無邪気さをイメージしました。

→ ROOM45のご予約
PEANUTS HOTEL Room46 コンセプトアート
PEANUTS Comic Strip:c1961 Peanuts Worldwide LLC

46
" What I need is a change "
ボクには変化が必要だ

同じような生活で退屈だなぁ・・・といつも通りドックハウスの上に寝そべるスヌーピー。ぼくには変化が必要だ!ととった行動は、逆向きに寝ること。 暮らしによりそう、さりげないスヌーピーのデザインが、スタイリッシュな空間。ドッグハウスとスヌーピーの関係性がちらりとのぞく、いつもの旅とちょっとちがうお部屋です。

→ ROOM46のご予約
PEANUTS HOTEL Room47 コンセプトアート
PEANUTS Comic Strip:c1973 Peanuts Worldwide LLC

47
" I need plenty of rest in case tomorrow is a great day.. "
明日がすばらしい日だといけないから、うんと休息するのさ..

「また寝てる!私にはなぜそんなに休息が必要なのかわからない」とルーシーに呆れられるスヌーピー。心のなかでは、「明日がすばらしい日だといけないから、うんと休息するのさ。明日はすばらしい日じゃないかも知れないけど・・。」

→ ROOM47のご予約
PEANUTS HOTEL コンセプト
PEANUTS HOTEL コンセプト
スポーツしたりダンスをしたり、に出たり。
様々なシチュエーションから生まれる、ピーナッツらしい楽しいエピソード。
Sports, dancing, going on a trip. A fun episode that seems peanutlike, born from various situations.
PEANUTS HOTEL Room51 コンセプトアート
PEANUTS Comic Strip:c1971 Peanuts Worldwide LLC

51
" It's a mistake to try to avoid the unpleasant things in life.. "
人生で不愉快なことを避けようとするのは間違ってるよ..

監督兼ピッチャーを務めるチャーリー・ブラウンは、いつも負けてばかり。それでも「人生で不愉快なことを避けようとするのは間違っているよ..」と今日もマウンドに立つが、見事に打ち返される彼・・・。 何度負けても勝ち目がなくても諦めない彼の、好きな野球がモチーフ。黄色に、トレードマークのジグザグ模様のデザインや、野球をイメージした遊び心ある室内です。

→ ROOM51のご予約
PEANUTS HOTEL Room52 コンセプトアート
PEANUTS Comic Strip:c1965 Peanuts Worldwide LLC

52
" Cowabunga! "
やったぜ!

かわいいあの子に、かっこいい本物のサーファーだと見せつけるために海へ飛び込むスヌーピー。波にかっこよく乗れて「Cowabunga!」と叫ぶスヌーピーをみて、「君の犬、どうかしちゃったんじゃない」とライナスに言われてしまうコミックから。 砂浜をイメージした床材やラタン家具、アンティークのサーフボードによりかかるサーファー・スヌーピーのアートが海のそばのおうちのような、心地よい空間です。

→ ROOM52のご予約
PEANUTS HOTEL Room53 コンセプトアート
PEANUTS Comic Strip:c1981 Peanuts Worldwide LLC

53
" One of the great joys in life is dinner and good conversation... "
人生の最高の楽しみのひとつは晩ごはんといい会話だね...

チャーリー・ブラウンからもらったご飯を食べながら、「人生の最高の楽しみのひとつは晩ごはんといい会話だね...」と思うスヌーピーに、いつも通りウッドストックのおしゃべりがはじまる。 「一方的なおしゃべりは会話じゃないよ」となんとなくあきれているようなコミックをイメージしたお部屋のテーマは”SUPPER TIME”。ダイニングをイメージした内装は、スプーンやフォーク、ドッグディッシュを楽しくレイアウトして、スヌーピーの大好きな食事の時間を表現しました。

→ ROOM53のご予約
PEANUTS HOTEL Room54 コンセプトアート
PEANUTS Comic Strip:c1980 Peanuts Worldwide LLC

54
" When you go some place nice, you should always shine your feet! "
どこかいい所へいくときには、ちゃんと足をみがかなくちゃね!

お出かけの準備に、帽子をかぶって、鏡でお顔をチェックして、足をきれいに磨くスヌーピー。 靴をはいていないスヌーピーが自分の足をきれいに磨いて、「どこかいい所へいくときには、ちゃんと足をみがかなくちゃね!」 なんて、かっこよくおでかけするコミックをコンセプトにしました。
はだしで過ごす日本の部屋をイメージした、ピーナッツ ホテル唯一の和テイストのお部屋です。 インパクトのある赤富士にあぐらをかくスヌーピーの和テイストな大きなアートに、スヌーピーの掛け軸や障子。 和にPEANUTSの世界観が溶け込む1室。

→ ROOM54のご予約
PEANUTS HOTEL Room55 コンセプトアート
PEANUTS Comic Strip:c1983 Peanuts Worldwide LLC

55
" ..It musses up your hair! "
髪がくしゃくしゃになるんだ!

暑くなって脱ぐと髪がくしゃくしゃになってしまうタートルネックは、ゴルフには不向きだったと気が付くスヌーピー。おしゃれなスヌーピーならではのエピソードがモチーフ。ゴルフを連想させる室内には、コンセプトとなったコミックの4つのアートが1つ1つレイアウト。レトロな家具に深い紺色のカーペットなど、ミッドセンチュリー調のクラブハウスをイメージした室内。

→ ROOM55のご予約
PEANUTS HOTEL Room56 コンセプトアート
PEANUTS Comic Strip:c1980 Peanuts Worldwide LLC

56
" Because he made us! "
そうさせられたから!

ビーグル・スカウトたちが山登りをするなか、なぜ山登りをするのか問われたら、ぼくは「そこに山があったから」と答えるね、と話すスヌーピーと「そうさせられたから」と、なんだか登山が憂鬱そうなウッドストックと仲間たちの シュールなコミックがモチーフ。冒険家、ビーグル・スカウトたちのアートをコラージュしたカリフォルニア州のヨセミテ国立公園のグラフィックや、ランタン、ハット、ロープなど登山アイテムを使って、山小屋をイメージしました。

→ ROOM56のご予約
PEANUTS HOTEL Room57 コンセプトアート
PEANUTS Comic Strip:c1987 Peanuts Worldwide LLC

57
" I'm going into town for awhile "
ちょっと町へ出てくるぜ

砂漠で暮らすスパイクが、親友のサボテン、ジョー・カクタスに「ちょっと町へ出てくるぜ」と伝えて歩きだし、振り返ると「ジョー・カクタスが手を振ってるようだ」とほほ笑む、かわいらしいコミックがモチーフ。 部屋には、サボテンやハット、トランクケースなどを使って、スパイクが旅の途中によるコテージをイメージしたレイアウト。スパイクとジョー・カクタスの微笑ましい友情を表現した部屋です。

→ ROOM57のご予約
PEANUTS HOTEL コンセプト
PEANUTS HOTEL コンセプト
恋愛家族愛友情
キャラクターひとりひとりの“好き”を感じる温かいストーリー。
Love, family love, friendship. A warm story that feels "like" for each character.
PEANUTS HOTEL Room61 コンセプトアート
PEANUTS Comic Strip:c1961 Peanuts Worldwide LLC

Special Room 61
" It’s nice to have a home where your guests feel comfortable "
お客さんが居ごこちよく思ってくれるうちをもってるってのはすてきだな。

ホテルのコンセプトコミックにもなった、スヌーピーと鳥たちのコミックをイメージしたスペシャルルーム。 みんなが大好きなスヌーピーをモチーフにした、モノトーンの内装。 スペシャルルームにだけあるテラスには、世界を旅するプラントハンター西畠清順氏(そら植物園 代表)プロデュースの緑たちが広がります。

→ ROOM61のご予約
PEANUTS HOTEL Room62 コンセプトアート
PEANUTS Comic Strip:c1982 Peanuts Worldwide LLC

62
" I'll just stand here with my sweet babboo... "
私はここで私のかわいいバブーちゃんと並ぶわ...

映画の順番待ちで、大好きな赤毛の女の子をみつけるチャーリー・ブラウン。それをみたサリーがライナスと2人きりになるために「優柔不断ね、彼女のもとへ行きなさいよ」とチャーリー・ブラウンをあおり、 「これで私はmy sweet babbooと2人きり」と嬉しそう。結局、チャーリー・ブラウンは彼女のもとへはいかず、ライナスにも「ぼくは君のsweet babbooじゃないよ!」といわれてしまうコミックをモチーフにしました。

→ ROOM62のご予約
PEANUTS HOTEL Room63 コンセプトアート
PEANUTS Comic Strip:c1953 Peanuts Worldwide LLC

63
" You're the only friend I've got snoopy.."
君はボクの唯一の友達よ、スヌーピー..

君は唯一の友達よ、スヌーピー。いつもぼくのそばにいて、いつもどんなところでもついてきてくれる。と話しかけたものの、ロープを引いてもついてこようとしない、彼唯一の友達にクスッとするストーリー。 50年代のコミックに合わせて、同年ころデザインされた丸みのあるミッドセンチュリースタイルでまとめました。小さいころから過ごした家のような、どこか懐かしくてあたたかみのある部屋です。

→ ROOM63のご予約
PEANUTS HOTEL Room64 コンセプトアート
PEANUTS Comic Strip:c1960 Peanuts Worldwide LLC

64
" Happiness is a warm puppy.. "
幸せはあったかい子犬..

スヌーピーにキスされるとバイキン扱いするルーシーだけれど、スヌーピーを抱きしめるのは大好き。なぜならスヌーピーはとってもあたたかいから。そんな微笑ましいコミックをモチーフにしました。 ミレニアルピンクのお部屋に、椅子、暖炉もすべてピンク。いつでもハグできるように大きなピンクのスヌーピーも。ルーシーお決まりの”お悩み相談室”の横に、「かわいい子犬のハグ1セント」の看板を立てたスヌーピーのアートも入った遊び心あふれる室内。

→ ROOM64のご予約

FLOOR

4F~6Fの全18客室、カフェやレストランが
お楽しみいただけます。
PEANUTS HOTELにご宿泊の方も、レストランやカフェ、グッズ購入をご利用の方も、
いつ誰と来てもPEANUTSの世界観をお楽しみいただけます。

  • 6F“LOVE" Specialroom & Room62~64
  • 5F“HAPPY" Room51~57
  • 4F“IMAGINE" Room41~47
  • 3FPEANUTS DINER 神戸
    【営業時間 11:00~23:00 (LO 22:00)】

    3階のレストラン「PEANUTS DINER 神戸」では、神戸の食材をベースにした本格的なお食事に、PEANUTSの仲間たちのユニークなエピソードをモチーフにしたメニューを揃えております。ご宿泊に含まれる朝食や、ホテルご利用のお客様以外もお食事を楽しめるレストランとしてご利用いただけます。
    ※オープン当初混雑が予想されるため、8月中は完全WEB予約制となります。

  • 1FHOTELレセプション

    PEANUTS Cafe 神戸
    【営業時間 10:00~23:00】

    1階のカフェ「PEANUTS Cafe 神戸」では、テイクアウトのドリンクやフード、グッズ販売がお楽しみいただけます。PEANUTS HOTELオリジナルグッズなどを多数取り揃えており、お土産にもピッタリです。
    ※テイクアウト専用のカフェスタンドとなっておりますので、ご予約は承っておりません。

ACCESS

〒650-0004 兵庫県神戸市中央区中山手通1-22-26
→ Google Map

CONTACT

お問い合わせフォーム

→ ご予約・ご宿泊について詳細はこちら